Home > スポンサー広告 > LIMIT OF LOVE 海猿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:-

コメント欄

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sionori.blog37.fc2.com/tb.php/13-6f55af3c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 塩海苔のつぶやき

Home > スポンサー広告 > LIMIT OF LOVE 海猿

Home > 何かへの感想 > LIMIT OF LOVE 海猿

LIMIT OF LOVE 海猿

海猿2
キャストなどの情報はこちら
《公式サイト》


06年5月に全国東宝系にて公開された2作目の『LIMIT OF LOVE 海猿』。
これも今、観ました。
また涙出まくりでした(泣)

ブログを書いた後にこれを見ると、先ほど書いてた、人間はどうとかの話、
思いっきり突っ込まれたように思えました(汗)
まー、状況は違いますって(爆)

簡単なあらすじと紹介はまた、アマゾンの説明を引用させていただきます。

 恋人の環菜との結婚に悩みを抱いている仙崎大輔。そんな折、鹿児島沖3キロで、乗員・乗客620名を乗せた大型フェリーが座礁。沈没まで4時間と言われる中、大輔は救助活動をするため、パニックとなった船の中へ。ところが爆発により、大輔はバディの吉岡、乗客らと船の中に閉じこめられ出口を絶たれる…。
 2004年に映画でスタートし、05年には連続ドラマが作られた『海猿』シリーズの最終章。最終的には大輔ら4人の男女の安否の行方に焦点が当てられていくが、4人にしたことでかえってリアルな海洋事故の雰囲気が出ていて、最終章らしいディザスター・ムービーとなっている。もちろん大輔と環菜との愛の行方などにもスポットが当てられたことで、女性にも見やすい作品となっているのもポイント。デートムービーとしても楽しめる作品だ。(by 横森 文/Amazon.co.jp

いやぁ、本当に面白かったです。
2作目の『LIMIT OF LOVE 海猿』には、1作目の回想シーンがたくさんあります。
多分、1作目が製作されてる段階では続編をつくる予定があったでしょう。
当然、1作目観たことがなくても普通に楽しめる作品にはなっています。
ただ、どういう思いをしてきて、主人公・仙崎大輔(伊藤英明)が救命潜水士になったか、
絶対知っておいた上で2作目を観たほうが面白いんです。
ドラマはまだ見てないので、映画版1作目と2作目の間の話かどうか分かりませんがね。
wikiとかで調べれば分かるんですが、観るかもしれない番組や映画を観る前に、
ストーリーを知っておくの嫌だから見てませんw

本当にいい作品なので、まだ観てない方には是非オススメ!
というわけで、ストーリーには触れないようにします。
どんな話?を知ってからご覧になりたい方なら、
こちらがオススメですよ。
画像付きで説明があります。

内容をなるべく言わないようにしますが、少し感想を述べます。
正直、最初ホテルのシーンで仙崎と伊沢環菜(加藤あい)の会話を聞いた時、
きっと今すぐ言えない理由がある!と思いながら、「さいあく~」って思いました。
でもここでのショックは、あとで感動に加味してくれます。

しかし映画だって分かってても、中の主人公・仙崎の人間性には脱帽ですね。
理想的な人間像なんだと思います。
現実にはそんな人が居るわけないでしょう!って言う人がいるかもしれませんが、
居てほしい、居ると信じたいです。
特に人を救う仕事している人たちには、あのような命を尊ぶ心を持ってほしいです。
当然他人だけでなく、自分からなんですね。そういうような仕事をしていなくても、そういう意識は持つべきです。

んー、ネタバレせずに感想を述べるのも一苦労ですね…

よし、決めました。

ネタバレにしますw
ということで!数行を空けてから時々内容に触れたりする感想の書き方にします。
まだ観ていない方は、是非DVDをレンタルするなり買うなり観てください。絶対面白いです!







では、続きをw(これからネタバレあり)
まず、脱出劇が始まる序盤、救命潜水士の二人が妊婦・本間恵(大塚寧々)と足負傷の男・海老原真一(吹越満)を連れて1分30秒も息を止め潜らない到達できない、脱出するのに必ず通る道を抜けなければならないシーンがありました。

あり得ないだろ…

これは死ぬよ(>_<)

なんて思いました。
だって1分30秒だぞ。水中で30メートル、しかも途中で浮上できません!
でももうやるしかない状況だったので、彼らは決意したのである。

自分は得意とは言えないが、水泳はそこそこ好きです。気持ちいいですしね。
でも最近少々運動不足のせいで、肺活量も学生時代と比べぐっと減ってきましたorz
1分以上息を止めることは、もうできないだろな^^;って。
でももしそこにいるのは俺だったら!と思って、つい彼らと一緒に息を止めてました(爆)
秒数まで出ている時計を見ながら息を止めて観てました!

結局言うまでもないが全員無事にたどり着きましたよ。
こりゃー着きますともw まだ序盤ですしね!
でも意外なことに、時間見えてると割と息を止められるものですね。
ってそうなのかな?
動いてない状態だから全然違うけれど、多分1分40秒ぐらいは息を止められたと思います♪
いや、これは大真面目で息を止めてましたよ(´д`)ここで息が切れたら死ぬって思いながら(汗)

で、友人から聞いたんですけど、
終盤、仙崎が伊沢(環菜)携帯電話にてプロポーズしたシーンがありました。
アメリカで上映された時に映画館でここは大爆笑したらしいです^^;
めちゃめちゃ感動的なシーンだったのにね…w

時間がない時間がないって言いまくってたのに、そこでそこそこの長電話をしてプロポーズするなんて、ま、考えてみれば確か少し理不尽ですね^^;アメリカ人にとってはあり得ないだろうな。
そこで電話なんてしなかったら普通に助かっていたかもしれないって、
どっかのブログでそのようなことを見かけました。確かにそうかもしれないけどさぁ…
でもよ、この作品は、「」というテーマが入っているからこそ、更なる感動や衝撃を与えてくれるんじゃないかと俺は思います。少なくとも自分にとってはそういう要素が入っていてよかったです。

気持ちを込めて観れば、最愛の人が目の前にして死ぬ可能性が極めて高いと思い知らされながら待っている心境ってどんなに辛いだろうってのが解らなくもないはずです。
そして最愛の人の顔をもう一度見たくて、傍に戻りたいという純粋な気持ちは、人間にどれだけ大きな力を与えてくれるのか、どれだけ絶望に居る自分を支えてくれるのかもここで感じ取れると思います。
愛のために生きるって、素晴らしいことです!(*´Д`*)

しかしまさか中盤で遭難したもう一人の救命潜水士・吉岡哲也(佐藤隆太)が生きていたとは…!
もうね、そこを観た時に思わず万歳体勢で歓声を出してしまいましたよ、本当にw
映画要素もあると思われるが、絶対あり得ない話でもないんじゃないかと思いますがね。
人間の素直に生きたいという想いが信じられないほどの力をもたらしてくれるんですね。


ということで、超オススメの一品です!是非観てみてください~♪
スポンサーサイト

コメント:0

コメント欄

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sionori.blog37.fc2.com/tb.php/13-6f55af3c
Listed below are links to weblogs that reference
LIMIT OF LOVE 海猿 from 塩海苔のつぶやき

Home > 何かへの感想 > LIMIT OF LOVE 海猿

プロフィール

塩海苔

Author:塩海苔
塩海苔という名前は、
食べ物からではありませんよ(・ω・;)

リンク
ランキング
  たまにでもいいので、よかったら
  クリックしてやってください('∇')

  FC2 Blog Ranking

  FF11・ブログ

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
訪問人数
 
ご意見(一言でも気楽にどうぞ♪)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックワード
忍者ツール
RSS

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。